8月31日〜9月6日

8月31日 8月の終わりに大好きになるお店を知れて最高に嬉しい。上戸さんも同じ気持ちだって、それはとっても幸せなことだね。楽しいをもっと引き伸ばしたくて後ろ髪を乱暴に引かれながら高槻に生還できたのは大人になったからか、お互いが贅沢できない身だか…

8月24日 昼間家主のいない家で13の理由を一人で観た。しんどくて無い記憶を思い出したり、雰囲気にのまれて苦しくなった。 夜は高槻まで来てくれたサリーちゃんと、高槻と書かれたネオンのあるお店でたくさんのお酒を飲んでたくさんのお話をした。私はコミュ…

8月17日〜8月23日

8月17日 朝から夜まで惨め。わざとしてやったりなことをされて少し怯んだがそっちがその気なら私も図太く居座ってやると結局横暴な態度もとってしまった。こんなことでお薬飲んでちゃいろんなことがもたなくなるね。 8月18日 ひさびさに皮、骨、肉を感じなが…

8月10日〜8月16日

8月10日 暑さにうろたえながら上戸宅へ向かう。スーパーでお茶などを買って一時帰宅しTOO YOUNG TOO DIEを観る。 夜に散歩ついでにパン屋さん徘徊をするもなかなか欲しいパンは見当たらず最後に入ったKALDIで久しぶりの癇癪を起こしてしまった。死にたいと口…

8月3日〜8月9日

8月3日 朝起きて身体中今までのすべてが後悔というものでびっちり詰め込まれているような感覚でどうしても家にいられなかった。泣きながら上戸さんに電話をするも断られ、つい最近したばかりの瀉血をまたしてしまった。その瞬間にやっぱりおいでと連絡があり…

7月27日〜8月2日

7月27日 朝早くに目が覚めてよちよちと時間をかけて用意をするが、いつも服選びに時間がかかってしまうのでギリギリに起きてきた藍ちゃんより時間がかかった。二人で心斎橋について傘をさしながら前日調べたガレットの店で動けないくらいお腹をぱんぱんにさ…

7月20日〜7月26日

7月20日 他人の感覚を認めたくないわけでも理解したくないわけでもないけれどあまりにも自分のものと違うことにはどうしても顔をしかめてしまいそうになる。 セミナーにたった3時間だけど参加して、その後に面談をした。機嫌が悪ければわかってるよと返事し…

7月13日〜7月19日

7月13日 朝起きるときに父親におでこに手をあてがわれた気持ち悪さで目が冴えた。至近距離や肌と肌のふれあいは昔から苦手。 昨日京都で朝まで飲んでいた上戸さんは案の定閉店ガラガラ状態で高槻についてもなかなか家に入れずロッテリアで発狂寸前。万引き家…

7月6日〜7月12日

7月6日 講座を受けに行く。座学なんて久しぶりだったのでそわそわして紙質ずっと聞こえる音や話し方のくせなど、どうでもいいことに意識が向いてしまって注意散漫気味だったかもしれない。 帰ってからは明日は楽しみにしていたなおちゃんとのカラオケがある…

6月29日〜7月5日

6月29日 上戸さんがお酒の力で珍しくおしゃべりだった。多分ここまで本音に近いなにかを喋ってくれたのははじめてかもしれないと思うほど普段より本心で話をしてくれた気がする。 全部嬉しいし上戸さんの優しさだって受け取れるのに、そのまま自分の気持ちに…

6月22日〜6月28日

6月22日 起きたら床で上戸が寝てた。起こしてベッドに誘導してあげようかこのまま寝かせてあげるのか迷ったけれど、いつも寝起きの不機嫌さには私もイラっとすることがあるので申し訳ないけれど放っておくことにした。 それから少ししたら上戸も起きて昨日の…

6月17日〜6月21日

6月17日 最近かけていなかったので改めて書くように心がけます。今は就労サービスで講座を受けたりしているけれど、今の所の環境がどうも合わないのでほかのもっと一般的なところに通い直そうと考えてる。 迷い込むだけ無駄な不安に苛まれることがとにかく増…

6月のいつか

弱り切っていたけれど姉が部屋まで呼びに来てくれたので部屋からようやく出てジョジョをたった今見終わったところです。少しだけ気力が上がったので何か書いてみることにする。 不安定な数日が続き、起きてることすら苦痛で薬を使った寝逃げというものは自分…

五月のこと

この一週間はとても憂鬱で好きなはずのインターネットとは程よく距離をおいていた。もちろん見るし聞くし呟くし調べもしたけれど、嫌になって四回ほど携帯を投げつけたし一回半水没させてしまった(過去に一度湯船に水没させたこともあるけれどなんともない…

5月18日〜5月24日

5月18日 目が覚めた瞬間、体の真ん中に穴があいてその中に虚しさが入り込んでくるような、動いてもいないのにものすごい速さで何かを失っていくような、とにかくパニック状態でちょっといってしまっていた。やっと掴めた携帯を見ると5時半。わけもわからない…

5月11日〜5月17日

5月11日 生まれて初めて夢の中で流れていた曲を覚えたまま目が覚めて少しの間ずっと口ずさんでた。 明日の母の日に漢方薬をプレゼントするのは失礼だろうかと薬局で悩んでいたけど今までプレゼントしたものはほぼ使われなかったことを思い出して漢方薬にした…

5月4日〜5月10日

5月4日 帰宅。分裂したことないけど分裂しそうで夜ようやく離人の症状だと気がついた。眠れなくて上戸さんに電話してもらう。ジャズストで親子を見てみたら急に泣きそうになったらしい。思わずゲラゲラ笑ってしまったけれど、いつか上戸さんが子供とジャズス…

4月27日〜5月3日

4月27日 ゴールデンウィーク!10連休!の単語だけで会話ができそうな1日。姉と1日アベンジャーズ関連の映画を見ていたけれど、さすがに最近の朝方に目がさめる習慣に負けて気がついたら寝てしまった。起きてすぐに入るお風呂は暖かいのかぬるいのか気持ち…

4月20日〜4月26日

4月20日 起きたら父も母もいるのにリビングのテレビがついていなかった。それだけのことなのにすごくすごく快適な空間で気持ちのいい朝。 しつこいようだけど毎日上戸さんと仲良くいられることに幸福を感じている。朝起きてそれを伝えると上戸も喜んでくれた…

4月13日〜4月19日

4月13日 起きるとさすがにワインや日本酒とちゃんぽん状態の身体がだるくて身体が切り離せられないということを感じさせられ落ち込む。 サリーちゃんといおちゃんがおめでとうって言ってくれたときに周りにこんなふうに言ってもらえるならこのまま働いてもい…

4月6日〜4月12日

4月6日 絶対に荒れると思っていたのに妙に落ち着いていて自分でも驚いている。頓服をカバンに、ぬいぐるみをポケットに忍ばせていったけど両方終わるまで存在を忘れていた。中途採用なので三十代に見える人がほとんど、なんのアピールもできなかったけれど面…

3月30日〜4月5日

3月30日 起きて上戸さんが焼きそばを食べてる横でおみそ汁を飲んだり、ゲームしている横で眺めていたりした。夜はちゃんちゃん焼きを作ってあげたら大変喜んでくれて私は大満足だった。 孤独の夜と岸和田少年愚連隊を観る。 3月31日 起きて上戸がお風呂に入…

3月22日〜3月28日

3月22日 上戸さんに菜の花のおひたしとかに玉を作る。そのときに安いワインを買って飲んだんだけどすごく美味しくてすぐにボトルを空けてしまった。二人でもう一本飲んじゃおう!と調子に乗って、あと4分で閉まるカルディに駆け込んだのがおかしくっておか…

3月16日〜3月22日

3月16日 起きたら2時過ぎだった。頭が痛くて呻き声を上げながらお風呂に入ったら頭皮をこするごとにぐわんぐわんしてもうお酒なんて大嫌いだって思った。ついさっきまでお酒なんかもう飲みたくないと言っていたはずなのにスーパーの催事で燻製のお店が出店し…

3月9日〜3月15日

3月9日 またリビングで寝落ちしてしまっていてとうとう風邪をひきかけてしまったかもと思う頭痛。首も寝違えてしまったようでお灸パッチみたいなものを気休めに貼ってみたら思った以上のパワーを発揮してじんじんじわじわなんなら痛む。自分を甘やかすとか自…

3月2日〜3月8日

3月2日 大きな地震の夢をみた、怖かったと上戸さんからラインがあったので夜に電話をかけてみようと珍しく思う。 いつもそうだけど母を休ませると私以外誰も何もしなくなる(普段通りな)ので結局電話はできずじまい。お湯で洗い物をしてきしむ手をじっと眺…

2月23日〜3月1日

2月23日 1度目が覚めたときにさっきまで見ていた夢起きたら上戸さんに話したいからこのシーンだけは絶対忘れないようにしようと決めたのに結局忘れてちゃったとベッドから報告する。 家に帰ったら私の苦手な時計が増えていてめまいがする。私の部屋には時計…

2月16日〜2月22日

2月16日 鬱っぽく、マッサージをしてあげると言ってもらえたのに動くのすら面倒でじっとしていた。じっとしていると突然わーっと叫び出しそうになったり携帯を水場に流してしまいそうになってまた動けなくなるを繰り返す。少し疲れているのかもしれない。た…

2月9日〜2月15日

2月9日 北海道はマイナス30度らしい、きっととても外は静かで、みんな声を出すのも諦めてしまうほどに、体温を維持するために必死なんだと思うと心がどきどきしてくる。 確か大学入試の日も寒くって曇天の下、眠気と戦いながら大学に向かったな。香川県に住…

2月2日〜2月8日

2月2日 昨日また仲良くしていけるかもしれないって思えたなにかがすごく遠くにいってしまった。互いに理解し合えないものによって、そんな気がしてたなんてものではなく、はっきりと隙間が広がっていく。全然余裕なんて持てない。少なくとも前に付き合ってた…