2020-09-21

母と天王寺に舞台を見に行く。

時間まで服や家具を見たりして、お母さんと出かけることだけで嬉しいのに久しぶりにそういうことができたので心が満たされていく。

時間が近づいてきたので急いで劇場に向かった。最近イベントに参加するには追跡システムに登録しないといけないことが増えてますね。体温は35.1°でバッチリ低体温キープ、全然よかねぇ。

舞台は文句なしに良かった。同じシリーズを去年見たので退屈するかなと心配していたけどイッセー尾形にそんな心配は必要なかったね。いつものことだけど幕間で着替えている瞬間を見ているときは見てはいけない瞬間を見ているようでドキドキしてしまう。あの憑依っぷりは痺れちゃうよ。

そして終演後、拍手でもう一度舞台に上がったときに「来年もまたやります その頃にはマスクもないかもしれないし まぁあったっていいじゃないですか」の一言で思わず涙がこぼれそうになった。ああ舞台の世界も前向きになってきたのね…。五月に見にいく予定の舞台も前日に中止になってしまったり、来週には北海道で参加するつもりだったイベントも無くなってしまって参加者はもちろん・演者も相当きついだろうなぁと思っていたので、その一言でちょっと救われたんだよなぁ。ぜんぶ。

 

興奮冷めやらぬ中、電車で帰宅。

父は実家に帰っているので姉を駅まで呼び出し、女三人で夕食を済ませる。私と母はごくごく〜とお酒を飲んだけれどなんだか不完全燃焼で、私は話したかったことが話せなかったからって理由が明確なんだけど、家に帰ってからその話をし始めるには酔いも冷めてしまっていたし、きっと黙ってろってことなんだと信じて宮崎夏次系の新刊を読んで眠った。

 

なんかね、たくさん書いておきたい気持ちがたくさんあったはずなのに全部いらないんじゃないかとか・とにかくだめだっていうのが上から覆いかぶさってきてなんにもできなかったな。

書いては消していくつ下書きにした日記が増えたのかわからない。本当はまだ起きてるはずだったけれどもうそれもいやでたまらない。もう出されることもない薬をごちゃ混ぜにした薬箱の中から長めに作用するはずの眠剤だけを選んで飲んでみることにする。早く、長く眠れればいい。おきていてごちゃごちゃ考えなくて済むならいい、それしか今はわかんない。

 

f:id:krpsarps:20200921230843j:image
f:id:krpsarps:20200921230848j:image

2020-08-31

8月はサイテー。

今日は朝から肝が冷えたし自分は死ななくなったなと再確認して日差しは痛いしイヤホンにぶら下げてたマスクはどこかに落としてきたみたいだしライターは使い切ってタバコも吸えない変な仕事は長引いて夕立にあっちゃって足はぐしゃぐしゃだし彼氏みたいなひとに返事したら結局だんまりだしあーもう何が今日の天秤座は3位やねんどこが3位やねん誰が?ぜんぶあかんやんこれ久々に瀉血したなってきてもてあかんなちーぬいてスッキリせなあかんのちゃうか!!!!!!!!!!!!ってところまで来たけど朝のよわよわしょぼしょぼ状態に下書きしていた日記を読んでクールダウン。したことにする。

 

 

下書き状態の朝の私は本当に参っていてやっと少し健康体に近づけたと思って過ごしていたはずなのに全然あっち側に戻ろうと思えばいつでも戻れる人間なんだと落ち込んだ。血の気が盛んだと思えば血を抜こうとするしどう勘違いしたら健康的という言葉で自分を例えることができるんだよ。

頭のどこかに冷静さが芽生えて今晩実行したらきっと明日の私はフラフラで目眩を起こすことは確実だ、ならいっときのイライラでそんなことをするのはやめる、後片付けだってめんどくさいしなにより自室が暑すぎる、さっき部屋に行ったら暑さでクラクラしたしやめやめ。

私の日常に起きる腹立たしいことや悲しいことはとてもとても弱い。弱いけれど自分のハードルがとても低いのでそんなことでもきちんと引っかかってしまう。それは気がついているので代償が大きいとわかりさえすればなんとか意識と遠く遠く手放してギリギリ明日を迎えることはできる、できるようになったんだよ。

なるべく穏やかに過ごしたい、だから嘘もつかない、大切な人を蔑ろにしない、たくさんルールをつくる、それがつまらないと思われても私は誰よりも私が大切だから関係ない…。言葉と気持ちだけは無敵。8月は最低、暑いしケーキも食べられなかったから。

 

気を取り直して9月はなんにもなかったことにして生きたいな。秋だし少しは涼しくなってくれたらとっても嬉しい。冬に向かって生きるだけ。

 

f:id:krpsarps:20200831231519j:image

新刊9月だって たのしみ

 

 

2020-08-28

今朝も四時に目が覚める。おかしいなと思いつつ飲んでいる眠剤が短時間作用のものなので仕方ないかと毎朝自分に言い聞かせるけれど朝早すぎるのはちょっと困るんだよなぁ。そういやようやく森博嗣積読が終わったので新しい本を買いたい。

 

言いたいことがたくさんある。でも言うとなにか、だれか、どこかがめんどくさいことになるのでぐっとこらえる。ぐっとこらえたからそのおもいがなくなるわけではないので頭と心がジクジクしてきた。20分もかけてこの日差しの中を毎日会社まで歩いていると体に熱が毎日ジワジワと蓄積されていて、夜になってもまだ肌は熱を帯びていて気持ち悪い。ジワジワとジクジクでここ最近はぎゃーっと一思いに叫んでしまったら少しはスッキリするんじゃないかと考えて、いつか、だれか、どこかでやってくる機会に黙って備えている。

 

 

目が突然腫れたので皮膚科で診てもらうとストレスですね思い当たる節はありますかと聞かれたけどストレスって便利な言葉だな。かわいいとおんなじくらい便利なのでは?まぶたもきっと無言の抵抗でできたものだと思うと出されたお薬なんて飲まず、もう少しここにいてもいいよ〜と声をかけたくなってくるもんだ。

 

藤くんが結婚したと聞いた朝、もう長く昔のように聴き込んでいないわたしでもふらっとめまいを起こしてしまった。それからはBUMPのアルバムを聴いて過ごしてる。やっぱりjupiterとユグドラシルはいいアルバムだと思うしorbital periodのVoyagerからのメーデーのつなぎを初めて聴いた時に鳥肌が立ったなぁ。

ところで何度か言ってると思うんですが一番新しいアルバムに入っている新世界という曲がありまして…

https://music.apple.com/jp/album/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C/1471600590?i=1471600603

明るくてかわいい歌詞で大好き!なのに、聴くたびに恐怖で泣いてしまうんですよね。誇張してるわけではなく、本当に涙がじわっとこみあげてくる。「なんだよそんな汚れくらい 丸ごと抱きしめるよ」って藤くんの歌詞やこんな調子でずっと歌われてるこの曲が私はなんだか…怖い?羨ましい?不安になる?

私は私のことが大好きだしそこに自信があるはずなのにそれ以上の自己嫌悪も持ち合わせているので(ボーダーあるあるだ)もしそんなことを言われてしまったら体の細胞が全てバラバラになってしまうんじゃないか。そんなことあるはずない、丸ごと抱きしめるなんて自分でもできないくせに、でも、された〜〜〜いってきっと一生思って…ウッ……。

あまりにも純粋すぎて自分が持っている何かが急に恥ずかしくなる、汚いと知る、それに屈することしかできないけれど本当はそれを願っている自分があまりにも…あまりにもなんだ、なんだか知らないけど…とにかくこの曲を聴くといろんなところが反応して泣いちゃうんですよ。

自分が感じたことはないけれど、赤ちゃんは壊れてしまいそうで怖いという人もこんな感じなのかな…知らんけど…。

 

 

 

ここ数日メモに書いてたことなのでオチもありません。そしていつまでApple Musicは曲単体で共有したつもりなのにアルバムへのリンクに飛ばされるバグを続けるつもりなんだ。

NHKで三日連続エヴァ劇場版がやってるんですけどまわりで誰一人と話題にすらしてないのでもしかして私しか観てないんじゃないかと不安になって観終わる前にテレビを消してしまってます。Qはより不安になるので今日も最後まで見る自信はありません。

 

f:id:krpsarps:20200828235944j:image

口元あたりのポーズきめてていけすかないし髪の毛ボサボサだなぁ髪の毛切りたいと思ったんだけど絶対切らないぞだって耐えれば冬がくるんでしょわくわく


f:id:krpsarps:20200828235949j:image

世界一好きなケーキ ケーキってみんな美味しくて当たり前だと思ってたけどここのケーキを食べたときに初めてケーキってこんなに美味しいのかと目覚めてしまった 語るとつい熱くなってしまうしわざわざ並んで買って帰ったのに結局食べることはできなかったんだよなたはは

 

 

 

 

2020-8-15

8月17日追記

え!?なんでアルバム単位での共有なわけ!?ムキー!タイトルわざわざ書くのくそださいな…

 

https://music.apple.com/jp/album/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88/720592366?i=720592759

中学生の頃から水を買う意味がわかりはじめてるという歌詞のわからなさを今になってものすごくいい歌詞だとわかりはじめたところです。(ワンダーラスト)

 

https://music.apple.com/jp/album/she-said/648944640?i=648944815

なんかサビあたりでワールドカップでもやってるのか?と勘違いしてしまうけれど好きな曲だな

(She said)

 

https://music.apple.com/jp/album/hello-c-q-d/443333170?i=443333282

二番目くらいに好きな曲だ。この捻くれ具合が中学生の私の心情ぴったりだと思っていたけど今思うとなんだかそれはかわいいねってつい言ってしまいそうになる。

(HELLO,C Q D)

 

https://music.apple.com/jp/album/umbrella/720536015?i=720536334

これはかわいい、ずっとそれだけ。

(umbrella)

 

https://music.apple.com/jp/album/%E6%98%A5%E3%81%A8%E9%89%9B/720536015?i=720536434

おそらく今までで一番繰り返し聴いた曲。

それでも冬にしか聴いてないかも。自分がもし自殺するなら最後にこの曲を聴きながら死にたい、いつもそう思いながら聴いている。

この人の断片的な歌詞、情景が中学生の頃から好きだなー今も変わらず。

(春と鉛)

 

なぜか最近配信されてなかったアルバムやシングルまで配信されていたので、記念に。

毎日日記は書いているけれど知らぬ間に薬がきいてきちゃって投稿せずままが多いなぁ。お盆は穏やかに過ごしてるつもり。

もしかするとどこかの会社の経理をしなくちゃいけなくなるので勉強していくぞーと本を眺めつつ、そういえばあの小説の続きが…とか欲しい本があったっけ…と気が散漫しています。

 

暑さで肌が焼け、蕁麻疹が出、もう外に出るのがつらいよなぁ。早く私の冬がやってきて欲しいよ。

 

そんな感じでおやすみなさい。f:id:krpsarps:20200816005637j:image
f:id:krpsarps:20200816005633j:image

 

 

2020-08-09

わたしが買うか迷っていたサンダルを上戸さんにどう思うか聞いてみたら気に入ってしまったらしく僕も同じの買う!と図らずも5年目にしてお揃いのものを持つことになった。

上戸さんはお盆に実家に帰らないので妹さんと誕生日プレゼントなにがいい?とラインをくれていたこともあって、どうやらそのサンダルは妹さんに買ってもらうようだった。

 

届いたサンダルとともにメッセージカードが添えられてあり、上戸さんがそれを見せてくれる。「いつも助けられているよ、頑張って生きているんだから好きなように生きてね」

 

わたしの口からそんな言葉が言えれば良かった。わたしの心がそんなふうに思えたら良かった。思ってないわけじゃないのに、どうしてもその気持ちよりもっとざらざらしてるものがなくなってくれなくてとてもとてもとてもとても苦しくて悲しかった。

 

 

2020-07-31

7月が終わっていく…。

 

https://geo.music.apple.com/jp/album/anima/1516439592?mt=1&app=music

よく聴きました。曲を作った人たちがDAOKOと個人的なつながりのある人が多かったからかとてもいきいきとしていて個人事務所作ってよかったねぇという気持ち。今の言葉やノリなんかをうまく落とし込めてるなーと感じました、最近のアルバムならこれがいいですよ。

 

本は鳥飼茜さんのエッセイを再読しました。

とっても痛い、ヒリヒリしてしまうけれどそれ以上にわかる。わかるってなんかおこがましい気もするけれど、一度は味わったことのある屈辱や悲しみなんかをうまく文字で表現されていて読み終えた後の代弁してくれてありがとーみたいな気持ちは初めて読み終えた時とまったく同じだな。

 

もう忘れかけているけど確か前半は本当にだるくてしんどくてヘトヘトで立っているはずなのに今にも崩れ落ちそうで毎日憂鬱でしかたなかった。視界の真ん中に黒点があって、それにピントを合わせると反転してしまって気持ちが悪い。

気分の波は大人になっても変わりなく、慣れ親しんだ人からは私の主張なんてのは不調の証なんだととられてしまうことにもだんだん感覚が麻痺して慣れてきた。ああそうなのかなーと飲み込む時もあるけれど当たり前にムカつくんだよな。そうやってインスタントに処理できる・されるのが羨ましい・絶対なってやんねー!が3秒くらいで切り替えられる私もまぁカップラーメンより早いから…。

 

おじいちゃんの七回忌だったから、ゆーとさんが死んで7年になる。

上戸さんはみづきさんが罪悪感に苛まれることをわかって死んだんだよ、一番卑怯なことだからしっかりしてほしいと言われたことも忘れられない。

その言葉をそのまま自分の気持ちに同期することはできないし、毎年この時期になると息をするのもなんだか苦しく感じたり言われた強烈な言葉たちを思い出す。

でもあれからずっと私が7月におかしくなるわけじゃなくって、ゆーとさんが死んだときに多分これに飲み込まれたら一生こんなことばかりまわりで起こっていくところにしかいられないって気が付いて少しでも良くなりたい、なにを良くするのかわかんないけどそれでも良くしていかなきゃって確かに思ったんだった。

そんな七月がようやく終わる。

 

 

念願と友人と飲むという目標も達成できた!サリーちゃんとなんと北浜で飲んだのだ。

料理もお酒も美味しくて満足したけれど、やっぱりサリーちゃんと会えたのが嬉しかった。私はあの日初めからとても素敵なブラウスだなと思っていたけれど、まだ人のことを褒めることに慣れていないので帰り際に言い逃げるように伝えてしまった。

また近いうち会えたら、その時は私もお気に入りのお洋服を着て会いたい。

私は友達がいることがとっても嬉しい。本当に中学高校と友達と遊ぶなんてほとんどしてこなくて、もうそんな関係を新たに作り上げるなんて無理だって思っていた。だからこうして友達に会えたり話したりできることがとってもとっても嬉しいです。

 

そういえば今日はじめてコンサータを服用して仕事に行った。やる気はどうかわからないけれど、心なしか集中して仕事に取り組めた気がした。プラシーボも大きいだろうけど…。

夕方少しだけ気分が悪くなったのでやっと休憩しようとタバコを吸いに出たら夕立にあった。空の半分はとても分厚い灰色で、もう半分は絵に書いたみたいな積乱雲。ああもうこれは夏だよなぁーと観念しながらタバコを一本吸いました。このまま気持ちよく7月を終えよう。

 

 

f:id:krpsarps:20200731171254j:image

じいの七回忌、つまんないのと怒りで逃げるように散歩にでた。


f:id:krpsarps:20200731171244j:image

ずっと食べたかった!大人になってから食べるようになったけどフルーツランキング、はやくも2位です。


f:id:krpsarps:20200731171249j:image

自分では頼まないたまご料理。おいしいお酒とご飯を一緒に楽しめる友達がいて嬉しいし、これが喜びのレベル1がいい。もっと楽しいことたくさんしたいから

 

2020-07-13

また一週間無で生きようとしてるのに日曜日の夜は念入りにお手入れしてしまう、朝が来てほしくないので目一杯夜しちゃわないといけない気がする。

新しいシャンプーの匂いがまんまベビーパウダーの香りで思わず笑ってしまった。お風呂あがりにティッシュですくいとったベビーパウダーをはたかれていたときのことを思い出す。アトピーだった私の肘はいつもグチュグチュで、ベビーパウダーはすぐにピンク色に変わってたっけ。

 

‪自分の童心のことを理解している、そのうえ大好きでもある。レインシューズをはいてるから毎日水たまりの上を歩くし、道端の石ころを蹴りながら駅まで向かうし、嫌なものを前にすると涙が出てくるし人の前でも駄々をこねる。子供でありたいと思っているけれど、(大した額ではもちろんないが)お金はちゃんと稼いで税金を納めているんだから文句は言わないでよね。

 

多分こういうことを言えているから病院までは生きていけそう。七月もそうして終わっていくのか。

目標として友人と遊びたかったけれどコロナの波がまた来ているのでなかなか繁華街へは誘いづらい。

毎日電車に乗って思うことだけれど早く誰もいないところで暮らしていたら私のいろいろは穏やかになっていたんだろうな。吉野なんか大嫌いなんて言っちゃってごめんね。

 

今日は嫌いなおばさんより早いスピードでお仕事をこなせたから気分がいいです。わたしは負けず嫌いというよりか嫌いな人に対する執着が好きな人への執着心より強いだけなんです。