2020-11-04

気がついたら十月が終わってしまっていた…まぁ毎月そうなんだけどね…。

誕生日が頭に来るからどうしても残りの日々がより一層退屈に感じる。何度まだ十月なのか!?早く終われ!と呟いただろう。

おじいちゃんとおばあちゃんを呼んで家で鉄板焼きをしたのは楽しかった。単純に大人数で食卓を囲んだことが良かったのかもしれない。二人と会話をするとき、自分が老人と喋る心構えを意識し始めるとなんだか苦しくなってくるけれど、そういうこともなくその一日にかなり救われた。

他にも大塚美術館に行ったり、久しぶりに友人と遊べたこともとても良かった。あとは誕生日でまわりからいろんな言葉をかけてもらえたことが七月あたりからの鬱状態を抜け出す手助けになったと思う。たんじゅんだー。

 

だけどもう十何年の知り合いが久しぶりに連絡をくれて結婚報告されたときはさすがに心と体の輪郭?境界線?がぐちゃあと崩れてしまいそうになった。どうすればいままでとこれからの自分に適応する形に落とし込めるか、記憶を引っ張り出してくるのは正直苦しかった。どんな思考があっても間違いだって言いたくない、だけど誰かを傷つけたり・ばけものになって取り返しのつかない自分になることが怖くてたまらなかった。後先考えず思いの丈をぶつけまくった相手だからこそ昔のように振る舞ってかつて送っていた毎日をこれから死ぬまで更新されもしないのに最悪にしたくなかった。

こんな清算を年末にせずに済んだことだけ良かったのかもしれない。おめでとう。

 

 

https://music.apple.com/jp/album/%E5%8F%A3%E7%AC%9B%E7%94%B7/443333170?i=443333181

このアルバムは秋の昼間に聴くと気持ち良かったです。HELLO,C Q Dだけは夜だけど…。

 

https://music.apple.com/jp/album/%E7%95%B0%E9%82%A6%E4%BA%BA/1101169930?i=1101170212

あとEGO-WRAPPINの異邦人もここ最近の気候とバッチリ合っていてとても気に入ってます。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4152099690/ref=cm_sw_r_cp_api_i_PnEOFbF4HMG0N

本はこれだなー今月また一冊漫画とイラスト集が出るのでそれも楽しみにしている。どうして私の気持ちを知ってるの!と些細なコマに感情移入してしまいなかなか読み進めるのが難しい。

 

十一月がはじまると同時にいつも通勤で使っていた通路が閉鎖されてぐるっと遠回りしなくちゃいけなくなったんだけど、工事の様子を毎日見られるようになったのが結構楽しい。みんな流れるように歩いているところを突然斜めにぶった斬った挙句立ち止まって写真を撮り出すのが申し訳ない。

やっと精神が少しずつ回復してきた気がするので無茶をせず今年いっぱいはこのまま耐えてほしい。バランスが悪いときもちゃんとわかるのに持ち直すときは十分な余裕を持った心と思考と時間だけだもん…もうたったの二ヶ月もないし…。あっという間だな毎年!

今月は風邪をひかないようすることと積んである本を読み進めたいです。

 

 

f:id:krpsarps:20201104184104j:image

わがまま言って寝込むんだけど念願のお財布に喜ぶ人
f:id:krpsarps:20201104184109j:image

今月はケーキ5つも食べちゃった
f:id:krpsarps:20201104184055j:image

みんなに混ざって写真撮ってたらアホらしくなってきて見つめていたいところだけ盗んできた けどこういう遊び方いつかまたしたい あとはずっと犬を撮ってました
f:id:krpsarps:20201104185439j:image

そっちの柄も可愛いよねと話していたら(たしか)「小学生みたいなことしていい?」と言って私がかわいいと言った柄のものをすっと渡してくれたときのことを思い出すだけで嬉しい。間違いないんだよな、こういう瞬間。

 

 

 

2020-10-24

今日は数ヶ月ぶりにお友達に会いました。

見たいと言っていた展示会で欲しかったスカーフにまっすぐ向かっていく姿や、同じ作家さんの違う種類のメモ帳を買ってお互いお気に入りの絵柄を交換したり、カウンターで横に並んだときの新鮮さや(マスクしているから目をよく見てしまうんだけど今日は彼女の目のかわいさに気付いてしまった)、たった三文字の「レモン」が世界一かわいい響きだったりして、すごーく大満足な一日でした。

集合する駅で降りて地上に上がったら、体にうける風の温度・目に映る木の色・流れる川の音、今あるもの全部が秋に移ろい終わりましたよーと感じとれた瞬間があってちょっと感動しちゃった。

すぐあとに友達の姿を見つけたんだけど、髪を結んだリボンがその秋風に揺れていて、前回会った時からの経過を感じてよりグッとくるものがあったのも良かった。

 

 

お誕生日プレゼントってもらっちゃった。

早速塗ってみたらメロンソーダソーダにアイスクリームが溶け出してるところの色でめっちゃかわいい…しあわせカラー…。

 

しあわせ貯金ができたので明日はお掃除頑張ります!

 

f:id:krpsarps:20201025000123j:image

割と二人で会うことのメインの楽しみ、甘いものを食べるも無事達成しました。

 

 

2020.10.23

なんかもーさいあくー少し前までは意思を持つことにすら変に意識しちゃってちょーしんどかったけどーなんかいったんぐちゃーってなったらなるようにしかなんなくてあーせんせーの言ってることって多分これ、聞くたびにうんざりするけどさんじゅうよんじゅうってとしをとるたびにずぶとくなりますよって多分きっとこんな感じなんだろーなー1ミリが気になって1ミリ1ミリ1ミリ…って頭がたくさんの1ミリで埋め尽くされるんですそれが見えなくなってまぁいいやになっていくんですよねだってにじゅうだいのいまでも十代のころのこと思うとそー思うもんねでも聞くたびには?今が問題なんじゃって思うのせんせーごめんねせんせーのいうとおりだっていうのはわかるときとそうじゃないときがあるの今はわかるときですありがとう!

 

拗らせた支配欲が明らかに悪になるのはわかってるもん。ただそんなことよりも確かなことは見捨てないでいてくれて優しくしてもらった記憶で、そうしてもらったことをやっていけばいつかきっと救われるんじゃないだろうか。

私も誰かを見捨てないし優しくあれるはず………拗らせた支配欲が消えるわけじゃないけど誰かをものにできない・私は誰かのものにならないのならせめて誰かを取り入れて・できれば善でいられるなら・化物にならないのであれば、もうそうなるしかない。そもそも誰かを自分のものにしたかったわけじゃない、私の欲望は一貫して「守られたかった」

 

 

こうやってようやく数ヶ月ぶりに生きている心地がしてきたぞ。宇多田ヒカルも気分のムラは仕方ないねって言ってたし、たくさんクリームを塗ってやわやわにさせながらまだ生きましょう。

わからないがたくさん、それが一日のうちに何回もあって、そしたらだんだんわかんないことを考えるのが嫌になって考えてること自体、何か自分が強く思うことが嫌になって、流れていくものだけをボーッと目で追ってるほうが幸せな気すらしてきたよ。

自分で自分のご機嫌を取ろうだとか、自分を大切にしてくれる人だけをまわりにおこうとか、まじで言ってんのか?なんだそれ、どういうきっかけでそう思ったのか一から説明してくれよ、それでどう心改められたのか教えてよ。私冗談がわかんなくて、言ってることわかんないからそれ冗談ですよね?

あんときの言ってることわけわっかんねーなってあとからならわかる、気が滅入ってたんだよねよしよし。このバグどうにかしてくれ。多分あと数ヶ月したらこの日記も気持ちもあんときなんかヤバ思考だったなうふふって笑えますよね?さっさと献血行って血を抜いてすっきりしたい、世のため人のため己のためまわりのためだよねー行ってないけどありがとー献血、もらったもらってない洗剤は大切に使います。

お母さんに今日一緒に寝てもいい?と聞いてしまいそう。あと数日で26にもなるいい大人にそんなこと言われたら拒否するのも怖いよね。家に誰もいない時、たまにお父さんとお母さんのベッドに横になってたら安心するんだなんて言えないけど、確かに私はいまちょっとまいっちゃってる。

パイン飴食べたい、なんか眠たいかも、今日汚いもの触った、寒くてベッドシーツにくるまってたらそのまま寝ちゃって寒いし最悪ねーお洋服買っていい??

2020-09-23

昨日寝る前にあれとこれをあんなふうにかけたらなんかよさそうだ!とひらめいて今日のミッションはメモ帳を買うことだったけれど、買ったときには見事にあれとこれをどんなふうにかけばいいのかすっかり忘れてしまっていた。

果物で一番好きなのはぶどう。隣のお家の人からシャインマスカットをいただいて丁寧な袋から漂う甘い匂い!!一粒だけ洗って食べてみたらぶどう独特のくせ?あく?みたいな味しかしなかった。でもシャインマスカットをあんまり食べたことがないからこんな味なのかもと思って結局5つくらい食べちゃった。

反対隣の一人で住んでるおじさんがもしかしたら死んでるんじゃないかという話を聞いた。玄関の自転車が中から開けるのに苦戦する倒れ方をしているようなんだけど、もう五日ほどそのままらしい。入院も何度かしていて、いつもなら事前に挨拶に来てくださるのにそれもない。エーどうするのピンポンしよーと言うと明日電話番号調べてかけてみるとのこと。まだそのおじさんに家族があったとき、よくお姉ちゃんに遊んでもらったしおばあちゃんからお年玉をいただいたこともある。そのおじさんは強面でカラテの先生とかもしていて昔はよく瓦とかバットとかを破壊している姿を何にもない日に見ていたことを思い出した。でっかい犬もいた気がする。なんにもないといいな、知ってる人みんな死んだりしないでロボットにでもなってくれればいいのに。だめかー。

 

仕事疲れた。新しい案件が来たけどコンサタのおかげで一生集中しちゃって休憩をとることを忘れてしまう。眼精疲労からくるガンガンと頭痛に支配されたみたい。帰ってなにもせず寝転んでいたら多分心配した姉が友達(私の先輩)のこの春生まれた赤ちゃんの写真を見せてくれた。よくわからない励まし方だなと思いつつも、赤ちゃんが可愛くてちゃんと元気になる私ってタンジュンだなー。

 

電車の中や自転車を漕ぎながら永い言い訳のセリフを繰り返し唱える。

みくびっちゃいけない・おとしめてもいけない・自分を大切にしてくれる人・愛せなくなる

ちょっと面食らってしまったことがあって反省しています。でも間違ったことじゃないとも思ってる。多分こういうときは正しい・間違いという考え方はしないほうがいいんだろうな。とにかくやだった、でもこのセリフを唱えて祈りながら生きます。

今日の月がきれいだったのしってる?

大きな半月。一番てっぺんのところの雲が反射して光っていて穴みたいになってた。その穴から月が出てきたみたいできれいだったんだよー。すごい、これが秋なのか?夏のお月様なんてまじでなんにも思い出せないのに!

 

 

f:id:krpsarps:20200924004824j:image

いやぜんぜん描けるんだろうけど、えーでもこんな一コマ描いちゃうんだすげーておもたアンド癒し。

 

 

2020-09-21

母と天王寺に舞台を見に行く。

時間まで服や家具を見たりして、お母さんと出かけることだけで嬉しいのに久しぶりにそういうことができたので心が満たされていく。

時間が近づいてきたので急いで劇場に向かった。最近イベントに参加するには追跡システムに登録しないといけないことが増えてますね。体温は35.1°でバッチリ低体温キープ、全然よかねぇ。

舞台は文句なしに良かった。同じシリーズを去年見たので退屈するかなと心配していたけどイッセー尾形にそんな心配は必要なかったね。いつものことだけど幕間で着替えている瞬間を見ているときは見てはいけない瞬間を見ているようでドキドキしてしまう。あの憑依っぷりは痺れちゃうよ。

そして終演後、拍手でもう一度舞台に上がったときに「来年もまたやります その頃にはマスクもないかもしれないし まぁあったっていいじゃないですか」の一言で思わず涙がこぼれそうになった。ああ舞台の世界も前向きになってきたのね…。五月に見にいく予定の舞台も前日に中止になってしまったり、来週には北海道で参加するつもりだったイベントも無くなってしまって参加者はもちろん・演者も相当きついだろうなぁと思っていたので、その一言でちょっと救われたんだよなぁ。ぜんぶ。

 

興奮冷めやらぬ中、電車で帰宅。

父は実家に帰っているので姉を駅まで呼び出し、女三人で夕食を済ませる。私と母はごくごく〜とお酒を飲んだけれどなんだか不完全燃焼で、私は話したかったことが話せなかったからって理由が明確なんだけど、家に帰ってからその話をし始めるには酔いも冷めてしまっていたし、きっと黙ってろってことなんだと信じて宮崎夏次系の新刊を読んで眠った。

 

なんかね、たくさん書いておきたい気持ちがたくさんあったはずなのに全部いらないんじゃないかとか・とにかくだめだっていうのが上から覆いかぶさってきてなんにもできなかったな。

書いては消していくつ下書きにした日記が増えたのかわからない。本当はまだ起きてるはずだったけれどもうそれもいやでたまらない。もう出されることもない薬をごちゃ混ぜにした薬箱の中から長めに作用するはずの眠剤だけを選んで飲んでみることにする。早く、長く眠れればいい。おきていてごちゃごちゃ考えなくて済むならいい、それしか今はわかんない。

 

f:id:krpsarps:20200921230843j:image
f:id:krpsarps:20200921230848j:image

2020-08-31

8月はサイテー。

今日は朝から肝が冷えたし自分は死ななくなったなと再確認して日差しは痛いしイヤホンにぶら下げてたマスクはどこかに落としてきたみたいだしライターは使い切ってタバコも吸えない変な仕事は長引いて夕立にあっちゃって足はぐしゃぐしゃだし彼氏みたいなひとに返事したら結局だんまりだしあーもう何が今日の天秤座は3位やねんどこが3位やねん誰が?ぜんぶあかんやんこれ久々に瀉血したなってきてもてあかんなちーぬいてスッキリせなあかんのちゃうか!!!!!!!!!!!!ってところまで来たけど朝のよわよわしょぼしょぼ状態に下書きしていた日記を読んでクールダウン。したことにする。

 

 

下書き状態の朝の私は本当に参っていてやっと少し健康体に近づけたと思って過ごしていたはずなのに全然あっち側に戻ろうと思えばいつでも戻れる人間なんだと落ち込んだ。血の気が盛んだと思えば血を抜こうとするしどう勘違いしたら健康的という言葉で自分を例えることができるんだよ。

頭のどこかに冷静さが芽生えて今晩実行したらきっと明日の私はフラフラで目眩を起こすことは確実だ、ならいっときのイライラでそんなことをするのはやめる、後片付けだってめんどくさいしなにより自室が暑すぎる、さっき部屋に行ったら暑さでクラクラしたしやめやめ。

私の日常に起きる腹立たしいことや悲しいことはとてもとても弱い。弱いけれど自分のハードルがとても低いのでそんなことでもきちんと引っかかってしまう。それは気がついているので代償が大きいとわかりさえすればなんとか意識と遠く遠く手放してギリギリ明日を迎えることはできる、できるようになったんだよ。

なるべく穏やかに過ごしたい、だから嘘もつかない、大切な人を蔑ろにしない、たくさんルールをつくる、それがつまらないと思われても私は誰よりも私が大切だから関係ない…。言葉と気持ちだけは無敵。8月は最低、暑いしケーキも食べられなかったから。

 

気を取り直して9月はなんにもなかったことにして生きたいな。秋だし少しは涼しくなってくれたらとっても嬉しい。冬に向かって生きるだけ。

 

f:id:krpsarps:20200831231519j:image

新刊9月だって たのしみ