3月30日〜4月5日

3月30日

起きて上戸さんが焼きそばを食べてる横でおみそ汁を飲んだり、ゲームしている横で眺めていたりした。夜はちゃんちゃん焼きを作ってあげたら大変喜んでくれて私は大満足だった。

孤独の夜と岸和田少年愚連隊を観る。

 

3月31日

起きて上戸がお風呂に入ってる間にスーツを買いに行く。家を出るときにこの間送ってくれたお父さんの写真って前京都でうじうじしてるときは山登りに行こうって言ってくれた方がいいって言ったからああやってくれたのか・都合よく受け取ってるかもしれないけどすごく嬉しかったと伝えたら、とっても上戸が笑顔になって、今この瞬間を細かく刻むか薄く伸ばすかして死ぬまで味わっていたいなと思った。

 

4月1日

お花見の予定もないのに夕方から雨が降ってきたから桜の心配をする。おばあちゃんが生野菜を持ってきてくれた。こんな孫でごめんね、こんな孫を一番好きと言ってくれてありがとう。好きなものを純度100で好きと言いたいのに間違いだらけだから好きと苦しいが同期されている気がする。何年も通っていた精神科で出された診断書の「ambivalentな」と書かれた箇所だけ最近やっと理解できるようになってきた。

元号は3回くらい口に出したら今がいったいいつなのかわからなります。

 

4月2日

昨夜は不安定になりすぎて上戸さんに寝るまであやしてもらっていた。

面談で自己分析をしてもらったときに言われたことはこだわりがある・自分の感覚を信じている・感受性豊か、よくないことでいうと客観性がない。腑に落ちまくって就活というよりもメンタルカウンセリングのように思えてお得だな〜と思いながら京都に向かう。

夜はサリーちゃんと鳥貴族!とても恵まれた環境を使っていくぞとサリーちゃんが言っていて、それがすごく気持ちよかった。黒い気持ちなんかを相手に抱かせないくらい輝き満ちていて、やっぱり彼女はジャンヌダルクなんだと思う。イケイケゴーゴー、楽しい夜だった。

 

4月3日

起きて上戸さんとテレビを観ていたら担当から電話があり求人についてのあれこれを話す。納得がいかないところもあるけれどここで妥協したら絶対に私すぐ辞める、精神状態が悪くなる。だからなるべく正直に伝えるべきことは伝えて電話を切ったらなんでか泣いてしまった。

スーパーで安い赤ワインと魚やチーズを買ってまた飲む。ボトルを空けて笑いながらまた赤ワインを買っちゃったり、燻製鍋をAmazonで注文したり、無職カップルとは本当に恐ろしい……しっかりしなさい!

 

4月4日

起きてメソメソ。メソメソから逃れるためにおしゃべりが止まらない。会話が続いている間はバリアのようなものを感じられる。自分や他者をなにかしらの意識を向けないようにするとき、私は気持ち悪いくらい喋る癖がある。動くためにかねふくめんたいの歌を歌ったら歌い方がキレッキレだったようで上戸さんが大笑いしていた。

夕方担当から電話あり。いろんなところで不信感が出てきたので別のアプローチを必死に考えている。

 

4月5日

寝る前に抗うつ薬を久々に飲み続けてみようと決めたらまんまと寝すぎてしまった。

明日の面接の用意を進めていたらこの間までなかった職務経歴書が持ち物欄に追加されていたので大慌てで仕上げている。お花見しながら面接とかがいい。絶対に明日はケーキを買って帰る、もしかしたらホームで手づかみで食べちゃうかも。もうわたしは人間じゃなく、愛や安心や甘いものを無限に欲しがる肉!!!

明日が終われば楽しい予定しかない、ひとまずは明日、明日あした明日が終われば…とそればかり呪文みたいに唱えています。

 

f:id:krpsarps:20190405140007p:image